ドローンの構成部品

ドローンの主な構成部品をご紹介します。

  1. フレーム・アーム
    各パーツとの接続機構で、回路基板も収まる。アームは、フレームとモーター・プロペラを接続する。
  2. ESC
    Electronic Speed Controller
    各モーターの回転スピードを制御(コントロール)する。
  3. モーター
    ドローンで主に使用されるモーターは『ブラシレスDCモーター』という。
    ドローンの構造上、モーターには2種類の回転方向がある。(時計回りと反時計回り)
    特徴として、
    ・メンテナンスが容易
    ・静音、寿命が長い
    ・水滴による錆、砂や埃などの異物混入に弱い
    などがある。
  4. プロペラ
    ドローンの飛行原理である揚力を発生させるための翼。ブレードともいう。
    モーターの回転方向に応じて2種類ある。
  5. GPS/コンパス
    Global Positioning System
    衛生からの電波を利用して機体の位置・高度を取得する。
    コンパス
    機体が向いている方位を取得する。
  6. MC/IMU
    Main Controller
    GPSや各種センサーの情報とプロポの司令から機体の姿勢をコントロールする。
    Internal Measurement Unit
    慣性計測装置。以下のセンサーで構成される。
    ・ジャイロセンサー(回転)
    ・加速度センター(傾き)
    ・気圧センサー(高度)
  7. PMU/LEDモジュール
    Power Management Unit
    電源を管理するユニット。
    LEDモジュール
    LEDランプの色や投光パターンで、機体の位置・方向や状態を確認する。
  8. バッテリー(電源)
    リチウムイオンバッテリーまたはリチウムポリマーバッテリ(通称:リポバッテリー)が使用される。
    特徴として、
    ・小型、軽量
    ・メモリー効果がない
    ・高価
    ・過充電、過放電、外部からの衝撃に弱い(可燃性)
    などがある。
  9. プロポ
    プロポーショナルコントローラー
    送信機側で機体の操縦やカメラの操作を行う。
    受信機はドローン本体に設置され、送信機側からの司令をMCに伝達する。
・GPS/コンパス
・MC/IMU
・PMU/LEDモジュール
をまとめて『フライトコントローラー(FC)』という。