飛行ルールの対象となる機体

国土交通省が定める飛行ルールの対象となる機体は、

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

国土交通省HP

とされています。

ポイントは、機体本体+バッテリーの合計重量が200g未満という点。
この条件を満たせば航空法的には(特別な場所を除いて)どこでもドローンを飛ばすことができます。
※ちなみにカメラが後付けの場合は機体本体の重量に含まれません。
※またプロペラガードなど、飛行に直接関係のない後付けパーツも対象外です。

ドローンを購入する際の参考にされるとよいと思います。