ドローンの飛行ルール

飛行させる空域や場所に関わらず、ドローンを飛ばす場合は以下のルールに従う必要があります。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと
国土交通省HP

以上の状況外でドローンを飛ばす場合は、事前に飛行承認申請を行って許可を得る必要があります。
※落下物については液体(水)も含みます。


承認が必要となる飛行の方法

国土交通省HPより

ちなみに不特定多数の人が集まるイベントでは承認がおりないことが多いようです。